準拠法について

Know Your Legal Rights on LIRUNEX

準拠法について

Know Your Legal Rights on LIRUNEX
準拠法について
禁止取引

禁止取引行為とは?
Lirunexでは、禁止取引は異常取引とも呼ばれます。取引環境を悪用しようとするユーザーによって行われる特定の行動を異常取引として分類しています。詳細については、法的条件の「第J章:禁止取引行為」をご参照ください。いくつかの例を参考までに記載しています。

禁止取引行為 – 裁定行為(アービトラージ行為)
アービトラージは、取引プラットフォーム間、異なる取引口座間の価格差を悪用し、仲介業者を利用しようとする活動です。これらの行為は以下のように行われます:

  1. ムスリム口座と通常の取引口座のスワップの違いなど。
  2. 市場の流動性が低くなっている開始時または終了時の時に、ブローカーAとブローカーBの間の価格の相違を悪用する。
  3. 異なるブローカーが提供する異なるボーナススキームを利用して、ブローカーAでのロングポジションを確立し、ブローカーBでのショートポジションを確立することによって利益を得る。
  4. 水曜日/金曜日の取引日の市場終了前に、トリプルスワップ料金を獲得するためにポジティブスワップ商品にラージポジションを確立する。
  5. 金曜日の週末市場終了前または長期休暇の前の市場終了前にラージポジションを確立する。

禁止取引行為 – 高頻度取引行為
高頻度取引行為は、取引の30%以上が3分以内に開始および終了されるか、ヘッジされるかを含みます。

禁止取引行為 – マイナス残高保護の悪用
重要なニュース発表の数分前に、取引価格の大幅な変動中に過大損失保護から利益を得る目的で、取引口座の全資産を利用してラージポジションまたは複数のスモールポジションを確立する。

FXにおけるスリッページとは

FX取引の際、お客様が指定した価格と約定価格の間に僅かな誤差が生じる事があります。これはスリッページと呼ばれる現象で、FX取引においてどなたにでも起こるものであり、損にも得にもなり得ます。

スリッページが起こる原因は、主に相場のボラティリティ(価格変動率)と約定スピードです。例えば、相場のボラティリティが高い時は、流動性が低く市場価格が非常に速く変動します。FX取引においては、流動性が指定した価格を満たすのに不十分な場合、流動性プロバイダーが可能な範囲で最も指定価格に近い価格で取引を実行するのです。

もう1つの原因である約定スピードとは、お客様の電子通信ネットワーク(ECN)が希望価格での取引をどれだけ速く執行できるかを意味します。秒単位で価格が変動する相場においては、特に規模の大きな取引であるほど、約定までの時間の速さが明暗を分ける事になります。

スリッページの例

仮にAUD/USDのレートを0.8210とします。お客様は相場を分析して今は上昇トレンドだと読み、現時点で0.8250であるEUR/USDをそのままのレートで注文したとします。

しかし、レートは一瞬で0.8260になってしまいました。お客様が希望した0.8250はその時点で既に購入不可能なレートとなり、自動的に近いレートにずれてしまいます。もし約定レートが0.8245になったとしたら、お客様はこのスリッページで得をしたという事になります。
0.8250 – 0.8245 = 0.0005, or +5 pips.

一方で、仮に約定レートが0.8255となってしまった場合は、お客様は損をしたという事になります。
0.8250 – 0.8255 = -0.0005, or -5 pips.

重要なのは、ストップロス、テイクプロフィット、バイ/セル・ストップ、バイ/セル・リミット等、どのような種類の注文に対してもスリッページは起こりうるという事です。Lirunexはマーケットエクスキューション方式を採っているため、注文内容の保証はできないのです。

マーケットエクスキューション方式である以上、我々は約定不可能になった注文を執行する事はできません。そうなった場合は、流動性プロバイダーがその時点の相場のレートに応じて約定する事になります。

最低$25からすぐにお取引開始可能